開催概要

昭和大学薬学部生涯研修プログラム、症候学を学んで臨床判断に活かそう アドバンストコース ~腰痛を訴える患者への臨床判断~を平成29年1月22日(日)に開催いたします。

 

テーマ:症候学を学んで臨床判断に活かそう アドバンストコース ~腰痛を訴える患者への臨床判断~

薬局に「腰痛」を訴える方がいらした際、あなたはどのように対応しますか?

  1. 「腰痛」患者からの情報収集と疾患の推測(症候からの鑑別)
  2.  「腰痛」患者への対処法の提案と実践(トリアージ)

本プログラムは、講義に加え簡単な演習とロールプレイを交えた参加型の研修プログラムです。

<講師>
木内 祐二(昭和大学薬学部薬学教育学講座教授)
亀井 大輔(昭和大学薬学部社会健康薬学講座医薬品評価薬学部門准教授)

 

詳細

日時 平成29年1月22日(日)13:00〜17:10
定員 60名
参加費 2,000円(事前に指定の口座に振込にてお支払下さい)
会場名 昭和大学旗の台キャンパス16号館3階講義室
会場住所 東京都品川区旗の台1-5-8
東急池上線、東急大井町線旗の台駅下車徒歩7分
持ち物 筆記用具
申込み締切 1月9日(月)
主催 昭和大学薬学部
共催 昭和大学大学院薬学研究科/昭和大学薬学部同窓会

※薬剤師生涯研修認定2単位
※先着順です

申し込み方法

下の申込フォームにアクセスし、入力の上、12月12日(月)から1月9日(月)までに登録して下さい(先着順)。

申込フォーム (上記期間のみ利用できます)

<備考>

  • 申込フォームの登録プログラム欄には「症候学アドバンストコース「腰痛」(平成29年1月22日)」を選択して下さい。
  • 先着申込登録順に参加決定とさせていただきます。
  • 参加が決定しました方には、事務局よりメールにてご連絡いたします。

 

本講座に関する問い合わせ先

問合せE-mail: kensyu@pharm.showa-u.ac.jp

http://www.showa-u.ac.jp/sch/pharm/lifelong_learning/index.html